既婚者だけがあつまる飲み会風の合コンに行ってきたので感想をを書きます。

結婚したらもう男女に新しい出会いは要らないのか?いや、違う。何時まで経っても男として、おんなとしてときめく場所が欲しいということで、

 

既婚者だけが集まる飲み会やサークルが増えている。表向きは新しい交流とか友達づくりの場とかそいう感じになっているが、本当に既婚者の男女が友達を作るというだけで終わるのか?

 

「いや、ぶっちゃけ浮気でしょ?不倫につながる可能性大でしょ?」という思いを抱えながら参加。

 

実際の様子や来ている人に聞いた楽しみ方などを話そうと思う。意外と年上が多いのかと思いきや女性は若い子も来ていてびっくり。その内容とは?

 

既婚者,飲み会,感想,評判,浮気,不倫

既婚者飲み会の流れは少人数制の婚活合コンと同じ

既婚者だけの飲み会も大きな流れは合コン形式の婚活パーティーとは変わらない。まずはテーブルに男女が交互に座り、司会者の合図とともに乾杯で会話をスタートする。ただ、参加者全員が既婚者ということで、緊張感が解けるのが早いと思った。

 

来ている男性は30代〜50代。女性は20代〜40代前半ぐらいでそれ以上はいない。また既婚者と言っても実はバツイチで今はシングルの人も参加していて、厳密には今現在妻子がいるというのでなくて、人生で一度は結婚を経験したことがあるという人の集まり。

 

 

人数は10名前後で全くの同数でないのが辛い。既婚者の男余りとかのテーブルを見ると、全然話しが盛り上がってない。遠目でみていたが、酔いが回ってくると、男同士のテーブルはちょっとグダグダ感がある。多分風俗の話とかしてるのではないだろうか・・・??

 

 

20分ぐらい経つと席替えということで女性はそのままの席で男性が移動していくというシステムはRUSH、コンパで恋プランと同様。

 

既婚者飲み会の目的は当然ナンパで友達づくりなんてあり得ない。

既婚者が異性の友達を作ること自体は犯罪ではないが、不倫や浮気になると当然法的にダメなので、表向きは友達作りとか交流の場となっているが、目の前に繰り広げられていたのは可愛い子の争奪戦。

 

別に飲み友達なら自分より10や20年が離れたおじさんやおばさんと仲良くなれば良いのだが、そうは行かないことが会場の様子から良く分かる。女性と話してみたが実は彼氏が浮気公認っぽい感じで好きに男と飲んできても良いという家庭もあるのだそう・・。

 

でも、なんでこんなにバレやすいような複数の出会いの場に来るのか?不思議で仕方がない。

 

 

既婚者,飲み会,感想,評判,浮気,不倫

 

基本的に来る人は夫婦関係が完全に冷え切っていると思う。というか離婚寸前の状態で子供がいないケースじゃないとまともな神経ではこういうイベントには出られない。

既婚者が出会うのならパパ活や年上好きの恋活サイトの方がドライで楽しい。

こういう既婚者の交流会はその場のノリで一夜限りの出会いを期待しているのだと思う。末永く既婚者同士がつながって何度も飲みに行くとかそんなリスキーなことは冒せないはず。だったら、近年はやってきたパパ活サイト。年上が大好きな若い男が使う恋活サイトの方が危険も少ないし、1対1で楽しめる。

 

例えば「既婚者の自由恋愛が無料で楽しめるサイト」なら正直合った瞬間当日はホテルというのが暗黙の了解。

 

サイト内にはそういう場に投稿している人がいるので好みのタイプがいたら10人ぐらいに話しかければ大丈夫。もし既婚者で本当に友達がいないのであれば趣味のテニスとか、ゴルフとか、英会話とかそいうものでも十分友達ができると思うし、趣味系だけに健全。

 

筆者だったらまだ相席屋の方がましだと思ったのでそんなにこれ系はオススメしません・・・。

2018年大注目の出会いの場ベスト3


エニシー
女性完全無料の婚活。フリーメールでお試しできるフェイスブックアプリ。不正アクセス強制退会機能があるのでサクラを排除して出会いを探せる。男性が若干多いのが欠点だが、女性にとってはプラスに働くことは間違いなし。とりあえずお試し程度で使うだけの価値がある。
婚活with
メンタリスト監修ってことで、女性に大人気。占いが好きな人には間違いない。AIを使って自分の相性のいい人をマッチングさせるこのようなサービスはますます流行るはず。実際に自分に合う人がどんな人なのか見てみるのも面白い。え、こんな人が自分に好意を抱くの!?と分かって面白い
ペアーズ
最近登録者も増えすぎて飽和気味もするが、まだまだ大人気の婚活アプリであることは間違いない。フェイスブックマッチングアプリの先駆者で不動の地位。ネットだけでなく婚活パーティーや街コンとコラボしてリアルな出会いも多いのが特徴。

究極の出会いパーティーイベント一覧比較はコチラ