冬はゲレコン?出会いの口コミと感想まとめ

スキー場での公式ナンパ?ゲレコン婚活イベントの評判を追ってみた!

ゲレコン,口コミ,感想,評判

スキー場には恋愛マジックがかかる!冬の恋はゲレンデで♪という有名なCMがあるが、同じくして本当にスキー場で婚活パーティーを開こうという趣旨で始まったのがゲレコンと呼ばれるイベント。

 

これは男女ペアがリフトの間は完全に二人きりで密着!その後カップルになって下まで下れるかどうか?実力次第という非常に面白い試みである(笑)ゲレコンのメリットは何と言っても開放感あるスキー場ということで、運命的な出会いが演出されているところ、旅先は恋に落ちやすいということで、バス旅行ツアーなどが開始されたが、さらに雪の上のスノーマジックを使える点だろう。

 

だが、メリットもあれば当然デメリットもある。それは初対面で二人のスキー(スノボ)のレベルを合わせることは難しく、当然男性がサポートしなければならないが、2人で滑るのって予想以上に難しい、そしてゲレンデを滑降しながら会話をするのは至難の業。

 

スノボは二人でクラッシュすると大怪我をします。

 

また吹雪いてきちゃったら、会話どころではないのはご想像の通り。初めの2時間の滑走時間に関しては、印象付け、軽いきっかけづくり程度で認識をしておいた方がよさそう。

 

 


ゲレコンでカップルになるコツを考えて見た。

とうわけで、次にゲレコンで勝ち組になれる方法についての攻略法をまとめておこう。実際お見合いパーティーでも街コンでも合コンでもある程度の戦略がない奴は結局何もできない。それこそゲレコンで一人ぼっちでスキーを滑るなんて悲しいことはないだろう。

 

 

 

 

スキーの技術を見せつけるとモテるのか?

じゃあ実際にスキーやスノボがうまくて、例えばインストラクターレベルだったら、モテるのか?というとそうでもない。何故かと言うと一般客とゲレコン参加者は一般の参加者と一緒に滑ることになり、周りでは普通の大学スキーサークルグループとか、プロの指導者について習っている子供とかが沢山いるのである。

 

その中で「ヘイ!俺を見て!!」的な滑りをしても周りに引かれるだけなので注意。もちろんサポートもできたかっこよく滑れれば言うことなしだ!

 

前半の勝負はリフト!ファションとゴーグルに騙されるな

スキーのファッションは派手で白い雪に良く映えるようにできている。尚且つゴーグルをしているので、顔の一部しか姿が見えず、年齢や外見,体系の判別は非常に難しい。これをメリットと考えて、逆にウェアのセンスでごまかすことも可能だが、普通のお見合いパティーと違って、一発でその人の印象を決めるのは難しいことは心得ておくべき

 

また、とにかくゲレコンの前半の勝負はリフトである。1対1で壮大な景色を見ながら話せるのだから、ここで何回か一緒になっておくことがカップルになることである。ただ、人気の子はいつものごとく囲まれる。さりげなくリフトの下で待っているという工夫も必要かもしれない。

 

スキーやスノボが終わったら合コンに突入!

ゲレコンではここからが真骨頂だろう。2時間ぐらいの飲み会タイムに入るので、ここでアドレス交換などができる、ちなみにゲレコン参加人数は20×20人ぐらいが普通であり、その中の数名がきっとあなたのタイプとうことになるだろう。街コンなどの数百人と比べると、スキーやスノボという遊びを重視するために、人数は多くない。

 

ゲレコン,口コミ,感想,評判

                       【 ゲレコンに参加している人の平均年齢 】

というわけでゲレコン参加の感想と評価まとめ

かわいい子だ!ということで声をかけて見たら、予想以上に年上で驚いた。やはりほとんどウェアだから外見の判別ができないのが欠点だとおもう

ゲレンデでスノーボードやっているときに惚れそうになったが、いざ合コンの会場に戻ってみると、普通のおじさんで驚いた(笑)やっぱり私もスノーマジックにかかってしまったのかも

一般の人と、ゲレコン参加者の区別が全然できない。かと言って「ゲレコン」というバッチを目立つ位置につけて滑るのも恥ずかしい。周りの視線が気になってしまいました。

ゲレコン参加者よりもその辺で滑っているカップルとか、学生の団体に目が行ってしまい、そちらに参加すれば良かった・・・。でもそこそこ楽しめるいべとなのではないかと思います。