エクシオパーティーの流れと攻略法

エクシオパーティの全体の流れと初参加時の攻略法について

お見合いパーティーでで最も有名なのが全国最大規模のエクシオのお見合いパーティである。お見合いパーティと言えばエクシオというくらい有名で、電車の中吊り広告もあるくらいである。

 

エクシオパーティもちょっとしたコツと攻略法をを知っておくだけで、格段と楽しめるものになる。正しい方法を知ってよいことだらけ、誹謗中傷だらけの口コミにだまされないようにしたい。

 

 

 

 

プロフィールカードの記入

 

まず自己プロフィールカードに職業・趣味・年齢興味関心など空欄に当てはまるキーワードを記入婚活パーティは時間が少ないので、このカードで相手を大体判断してしまうので質問のしやすいように具体的に書いておこう。

 

例えば単にスポーツと書くのではなく「マラソンが趣味で愛犬と走る」料理と書くのではなく、「トマト系のパスタが得意」といった感じで、話がつながるようにするのだ。

 

前半の会話スタート

 

基本的に他のお見合いパーティ同様、テーブルに等間隔で女性がすわり、その間に男性がが交互に座り話しかけるパターン、または対面式と呼ばれるものは女性が一列(または円形)に並んでいるところに次々に男性が移動しながら会話をするというパターンである

 

アプローチカードに記入

 

前半の会話を通じての第一印象をもとに気に入った相手の番号をアプローチカードに記入する。自分も気に入った相手の番号を書くのであるが、全員が気に入らない場合、もしくはこれと言って決め手がない場合はアプローチカードは空白でも構わない。

 

数分後に司会者からカードが配られ、自分が何番の人に気に入られているかが分かる。ここはかなりシビアな世界で多数から指名をもられる人と、まったく自分に興味関心をもってもらえず空欄になっていることも多い。

 

ここでの落ち込みを避けるために第3希望位までアプローチカードに記入するが、それでも自分に関心がないと分かるのはショックである

 

フリータイム

 

ここは自由会話の時間で15分くらいの時間が与えられる。アプローチカードでもし自分が指名されていた場合はその人と話すとカップル成立が高いのは言うまでもない。

 

ただし、会場で動き回るのは主に男性であり、女性からガツガツ歩き回る姿は見かけたことがない。あくまで女性は「待ち」の姿勢になるようにお見合いパーティは設定されている。

 

フリータイムではやはり人気投票のようなところがあって、人気のある女性の周りには人だかりができるのだが、まったく誰も話しかけずに寂しそうに座っている女性もいる。男性も初心者は座ったまま動かずに固まってしまっているのを見かける

 

最終投票とカップルの発表

 

最終的にカップルになっても良いと思う相手の番号を第3希望位まで書き、あとは相手の第3希望内に入るのを待つ。

 

そして司会者が勢い良くカップルになってペアを発表するこの後は自由解散となり出口からパーティ会場を抜け出すカップルになれなかった人はばらばらに、カップルになったペアは話しながら会場を後にする。

 

カップリングパーティは一日にいろんな企画をしているので、一つのパーティが終わる頃には次のパーティ参加者が集まりかけているので、イベント後に会場を使うことはできない。

 

帰り道にカップルとならなかった人同士で二次会が開かれたりもしている。