出会い系パーティーを通じて見えてきたもの。

お見合いパーティー,口コミ,体験,比較,まとめ

これまでに数々のカップリングパーティやお見合いパーティの比較と攻略を書いたがパーティに行くにせよ行かないにせよ、いくつか知っておいて欲しいことを記すことにした。

 

どうしても相手が信じられないと言う人に関してちょっと考えて欲しいのであるが、まずはじめにあなたは見ず知らずの初対面の人にどれほど自分の個人情報を開示しようとするだろうか?

 

住んでいる場所・両親や兄弟のこと、過去の恋愛経験、友人関係、会社名などについて何でも自分からぺらぺら話すような人はいないだろう。よくパーティ系の参加者で相手の素性が知れない、サクラかもしれないと疑うなら、まず自分がどれほど他人に自分のことを話すか考えてほしい。

 

きっと自分だってそれほど積極的に自己開示しないのではないだろうか?自分にとって相手が疑わしいのなら逆もまた然りである。極度の不安症はチャンスをゼロにする。ある程度信じて欲しいのであれば自己開示をしなければ、相手に信頼してもらえない。

 

 

とにかくすべての出会いと言うものはそもそも見知らぬもの同士なのだからと不安があるのは仕方がない。だが逆にだからこそ出会いにときめいたり、ワクワクしたりするのではないだろうか?

 

いきなり相手の個人情報を求めようと焦ってはいけない。一回きりのチャンスなのでしかたがないことなのであるが、パーティで余裕を見せずに焦った場合は失敗する。とにかく落ち着くことが大切。(ただし、パーティでの話し方はある程度のテンションが必要不可欠である)


パーティーは危険なのかどうか?

お見合いパーティー,口コミ,体験,比較,まとめ

パーティ会場は六本木などのクラブが多く、割と会場に対する警戒心を持っている人もいることであろう。身分証明のあるパーティならそんな心配は全く要らないのだが、ただしある程度の警戒心は必要である。

 

とくに若い女性でパーティ慣れしていない人はもしかしたら不安が多いのかもしれない。その場合は友達と行くのが順当なラインだが、異業種系のパーティなら異性の友達をガードマンとして連れて行っても良いだろう。

 

ただしあまりにも複数で行ってしまうと男性の参加者は割りと一人が多いので、声をかけずらいということがある。一番声がかけやすいのはやはり一人参加者同士なのであるから、会場で友達を作るくらいの気持ちで一人で行くと出会いの確率は高い。

 

トラブルに巻き込まれないためにはその日のうちはアドレス交換程度にして一対一で会うのは次の機会というのが無難。攻略法にも書いたが真剣な交際を考えるなら友達を紹介してもらうなどさらにワンクッション入れよう。

 

人間の直感はほとんどが正しいということも言われている。もし自分が「いい人そう」と思ったらたぶんそれはいい人である可能性が高い。パーティに慣れてくるとフィーリングで自分に好意を持ちそうな人かそうでない人ががなんとなく分かるようになる(←本当です!)


何もないよりはまし!有限な時間を有効に使おう!!

お見合いパーティー,口コミ,体験,比較,まとめ

最終結論として、パーティに行くのか行かないのか、結局のところリスクとチャンスのバランスということになる。

 

「サクラがいるかもしれない」「参加者が少ないかもしれない」「かわいい子が来ないかもしれない」「カッコイイ男性がいないかもしれない」というマイナスの可能性からパーティをやめた場合は出会いの可能性はゼロ、その代わり資金の3000円〜5000円が浮くことになる

 

逆に「もしかしたらかわいい子に会えるかも?」「素敵な男性にめぐり合えるかも?」「楽しい思い出ができるかも?」というチャンスにかけて3000円〜5000円を投資すれば出会いの可能性は少なくともゼロではない。(会場内には最低数十人の男女がいる)

 

どちらにしても出会いに使える時間は有限である。若さも年齢も有限である。その限られた時間と費用のバランスをしっかり考えていろいろ行動して欲しい。パーティはとにかく慣れと回数が重要。確率論の問題である。

 

個人的にはもし迷ったら思い切って行動して欲しい、人間は他者との関係の中で成長する。そしてコミュニケーションほど人間の欲求を満たすものはない。

 

このサイトを通じて新しい人間関係と素敵な出会いができれば幸いである。週末をワクワクしながら待つ大人になって欲しい!




お見合いパーティー,口コミ,体験,比較,まとめ



全てのパーティーに行ったからよくわかる。男女の出会いの真実はここにあり!

究極のパーティーイベントはこれだ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
ディスコクラブ情報へ 結婚相談所の生声 中高年結婚相談所口コミ 全パーティー一覧比較 ホームへ