パートナーエージェントの口コミと体験談

パートナーエージェントのメリット,デメリットまとめ。

パートナーエージェントのメリット1 出会いの確率が高い

 

第三者の後押しによって出会いの確率が高いというのは納得。人間というものは恐ろしいほどまでめんどくさがり、後一歩の所で出会いの前に躊躇してしまうもの。出会いにはエネルギーがいるのだ。それを後押しする第三者が中に入ることによって初めの一歩が踏み出せる。
写真だけで判断せずにとりあえず会うだけ会えば?というコンシェルジュのスタンスも初デートの確率を後押ししている。

 

パートナーエージェントのメリット2 イベントコースだと格安

 

自分から動けるタイプであれば、またある程度条件に自信があるならばパートナーエージェントのイベントコースはかなりお得。

 

登録費用の3万、月会費の5000円のみでOK、基本的に毎月の引き落としなので、たとえシステムが合わずに辞めたとしても他の結婚相談所のように後で分割の支払いだけが残るといった心配がない。

 

 

パーティー参加だけで毎月数十人と知り合いになれる点が最大のメリットだろう。初めて登録するなら間違いなくこちらのコースがお得

 

パートナーエージェントのデメリット 東京・大阪・名古屋に限定

 

当たり前であるが、地方の人は申し込むことは不可能。またおそらく結婚してから地方に住みたいという人もやめておいた方が良いと思う。あくまで関東(おそらく東京が一番)での出会いに特化しているので、関東でもはずれだとデートが大変

 

パートナーエージェントのデメリット 写真の判別

 

ネットや携帯で自由にいつでも相手を閲覧するサービスはないので、近くの結婚相談所に足を運ぶ必要があって面倒。だが、結局写真は写真。どんな相談所でも写真より本物の方が数倍も上ということはかなり稀。直接見るに越したことはない。だからこそ婚活パーティー参加のみのイベントプランをおススメする。

 

というわけで以上パートナーエージェントの口コミをまとめてみたが、東京でのパーティーという点ではオーネットやノッツェを抜きそうな勢い。資料請求は無料。複数比較検討候補の一角だと思う

 

【 参考 入会資格 】

 

男性:22歳以上〜54歳前後の方。
女性:20歳以上〜44歳前後の方(ともに入会時)

 

定職に就いていて一定以上の収入がある方(前年度の収入を証する資料、もしくは3ヶ月以内の給与明細の提出が必要です)、個人事業主・フリーランスでの就業もしくは業務受託契約を結んでいる方(納税証明書、委託契約書等の提出が必要です)など。

 

短大・大学卒業以上の方。ただし高校・専門学校卒業であっても2〜3年程度の社会経験がある方は同等とみなします。



パートナーエージェント,口コミ,体験,比較,まとめ



全てのパーティーに行ったからよくわかる。男女の出会いの真実はここにあり!

究極のパーティーイベントはこれだ!


パートナーエージェントのメリットとデメリット関連ページ

パーティーの流れと特徴。
パートナーエージェントの流れと特徴を解説する。普通のお見合いパーティーと違い第三者が仲介するメリットはあるのだろうか?
パーティーの種類について
パートナーエージェントのパーティの種類について解説する。朝読書や鍋パーティー,クラブも使ったりして派手なものから、ゴルフ系のスポーツまでその幅は広い
パートナーエージェントの料金について
パートナエージェントは女性料金も高いのでどのプランがおすすめなのか迷うところだろう。初めの様子を知りたけば、まずは一般参加のお見合いパーティーに行ってみてはどうだろうか?
パートナーエージェント麻布・銀座会場の雰囲気
パートナーエージェントだけではないが、クラブ系コラボの様子を取ってきた。西麻布・銀座などではこのようなリッチな会場を使ったお見合いパーティーが増えている。会費は3000円〜6000円ぐらい。
信頼できる格安のお見合いパーティー
お見合いパーティーは信頼できないという人へ。男性も500円で参加できる結婚相談所主催のパーティーが登場。これを待っていた気がする。平等婚こそが理想的!2013年一押しかも
パートナーエージェントは40代男性には最強にオススメ!
大手結婚相談所だが、入会金なしてパーティー参加が可能なパートナーエージェントは信頼度重視のお見合いパーティーとして注目が高い。参加者からの口コミや感想をまとめておく。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ディスコクラブ情報へ 結婚相談所の生声 中高年結婚相談所口コミ 全パーティー一覧比較 ホームへ